意外と残業が少ない介護職

介護業界の残業事情

介護業界には様々なイメージがあります。良いイメージもあれば、あまり良くないイメージもあるでしょう。しかし意外に知られていないのが「残業の少なさ」なんですよね。

正規職員全体、訪問介護員、サービス提供責任者、介護職員、介護支援専門員、それぞれの残業時間を見ても、

「1週間の中で1時間も残業が発生していない」

というケースがほぼ半数です。5時間未満も2~3割なので、合わせて7~8割が週に5時間未満の残業と言えるでしょう。

私は今までに経営コンサルタント会社、会計事務所、資格学校などで働いてきましたが、基本的にどの会社でも残業がありました。

終業時間が6時でも、先輩、上司が当たり前の顔で残業(しかもサービス残業)をしていたので、新人のうちは「定時に帰宅する」という発想自体がありませんでしたね。年齢を重ねた後は「仕事が多すぎて定時に帰れない」に変わり、自分から積極的にサービス残業を行っていました。

介護施設の中にも、同じように残業が多い職場があると思います。しかし業界全体の残業時間が少ないので、転職先によっては残業なし、ほぼ残業なしで働けるのではないでしょうか。

介護求人が探しやすい専門転職サイトの活用

介護業界のイメージに「仕事がきつい、賃金が低い、残業が多い」があるかもしれません。

確かに仕事内容がハードだったり、賃金が低い介護施設もありますが、少なくとも残業時間に関しては意外に少ないと言えるでしょう。

また、介護職員の仕事内容・役割の大変さに関しては、就職前と就職後のギャップもあるのではないでしょうか。「介護は人材不足だから簡単に勤められる」という気持ちが強すぎると、働いた後に現実を思い知るんですよね。逆に食事介助、入浴介助、排泄介助など各業務を理解していれば、勤めた後にギャップを感じることはまずありませんよ。

給与・時給に関しても、地域や介護施設によって違いがありますしね。中には月給30万以上で10年間働いている介護職員もいますし、その辺りは【好条件の介護求人を探す方法】を徹底して下さい。

具体的には、介護専門の転職求人サイト・人材紹介会社の利用ですね。好条件の介護求人が豊富なサイトもありますし、まずは無料登録がオススメです。

なお、同じ介護施設で正社員に残業が入っても、介護派遣は残業なし、残業ほぼなしで働きやすいですね。派遣先の介護施設・訪問介護事業所が勝手に残業させることは(基本的に)出来ないので、残業なし優先で働きたい場合は、介護派遣の仕事が良いかもしれません。正社員や契約社員よりも未経験・無資格で働きやすいですしね。

おすすめ介護派遣会社