介護派遣の仕事

介護派遣で働く目的

介護業界で派遣として働こうとお考えの方も多いと思います。正社員ではなく、派遣社員として働く理由は人によって違っており、それぞれの目的にそった働き方があります。

派遣社員として働く場合、日勤、夜勤、フルタイムなど様々な働き方から自由に選べるので、それらの条件から自分に合った働き方が選べるのも魅力の一つとなっています。

また介護の仕事が未経験という方にも、派遣として働くことにより経験を積むことができます。派遣会社の中には、働きながら介護初任者研修を受けられるという所もあります。

介護業界で働く正社員の全国平均の手取りは月に15万~17万円前後と言われており、国家資格の介護福祉士を持っていてもさほど変わらないとされています。

派遣社員は基本的に時給制ですが、資格などを持っていればそれなりのお給料は期待が出来ます。また出社や退社も定時どおりなので、働きやすいとも言えます。残業した場合、残業代が正社員よりも高めという事もあります。

夜勤専属で働く派遣社員の方もいらっしゃいます。夜勤の場合夜勤手当が出るので、日勤よりも手取りの給料が良いというのが理由だそうです。昼夜逆転してしまいますが、次の日は休みとなるのでゆっくりと過ごすことが出来ます。

有料老人ホームなども時給が良いとされます。介護初任者研修を持っている場合ですが、未経験でも時給が良く、高くて1,700円という所もあります。正社員とは違いボーナスなどはありませんが、資格手当がついてその時給であれば高額な方です。

派遣として働くメリットは色々

働いていくうえでの悩みといえば、人間関係の悩みというのがありますね。人間関係が良好な職場の場合は問題はありませんが、人間関係が悪いところなどではそれが働く上でもストレスとなります。

ですが派遣社員には勤務する期間が設けられていますね。その施設での期間が満了となった場合には他の施設へ移ることも可能となりますので、少しの間我慢すればその職場ともオサラバできます。人間関係に悩むことがあっても、働く期限が決まっていると思えば気が楽になるのではないでしょうか。

逆に、自分が働きやすい施設であれば期間満了時に更新をすることで同じ施設での勤務も可能になります。職場を自由に選べるというのも、派遣社員として働くメリットですね。

また派遣で働く場合、次の派遣先が見つからなくて仕事が途切れてしまうという心配があります。しかし介護の場合は求人も豊富にありますから、よほど細かな条件を指定していたり選り好みをしない限り、仕事が途切れるという心配はしなくても大丈夫かと思います。

ただ、派遣社員は人手不足のために雇うというケースが多いため、後から正社員を雇って人材が確保されたら派遣社員は契約終了という事にもなりえます。長く働きたいと考えた場合、「次も契約更新してもらえるかな」という心配を抱えながら働くことになります。

また派遣社員は仕事内容も限られているという事もあり、正社員の補佐的な仕事が主となることが多いそうです。仕事に慣れてくるとそれが不満に感じるという方もでてくるかもしれませんね。

派遣社員として働く場合には、メリット・デメリットの両方を理解して働く事が大切です。

おすすめ介護派遣会社