介護派遣メリット

派遣で働く人が増えている?

介護業界で派遣として働くメリットについてです。

介護を受ける高齢者よりも、介護をする人材の方が不足しており、給料が低いのに仕事がきつく、休みが取りづらいというイメージから介護の仕事に不安を持っている人が多いそうです。

正社員として介護の仕事をしている人でも、他業界に転職するという人もいます。そして最近では、介護の仕事をする場合正社員ではなく派遣社員として働く人が増えています。

派遣社員と聞くと「ボーナスがない」「契約期間が決まっている」など、将来的にも安定していないというイメージがあるかもしれません。

そのようなイメージの派遣社員ですが、介護業界で派遣社員として働くメリットもあります。

派遣社員として働くメリット

時給が高い
派遣として働く場合には、基本的にどの業界もバイト、パートとして働くよりも高時給になる事が多いです。ボーナスなどはありませんが、時給が高いため年収にすると正社員と同じまたはそれ以上になるという場合もあります(登録した派遣会社や資格の有無により異なります)。
勤務地が選べる
派遣には契約期間が設けられており、職場環境が自分に合うようであれば更新をすることも可能です。逆に合わないようであれば、契約期間が終わった後は他の勤務地で働けます。介護の資格取得のためにスクールに通う場合は、派遣元に希望を出せばスクールの近くでの介護施設で働くことも出来ます。
シフトが決められる
シフト決めは正社員の場合施設長やリーダーなどが決めるため、自分の希望通りの休みとなることは難しいとされますが、派遣社員は日勤中心や夜勤中心など、自分の生活に合わせて調整することが可能です(派遣先の職場によります)。
色々な職場を経験できる
派遣社員として働きながら、正社員として働いていける職場を探せるというメリットもあります。また、働いた分だけ実務経験も積めます。
紹介予定派遣
紹介予定派遣とは、決められた派遣期間が終わった後に派遣先と本人が社員契約を結べるもので、派遣先で社員となれる雇用形態です。社員として働いても良いと思える勤務先かを、実際に働いてみてから決められます。
介護の仕事をお試しできる
派遣求人の中には未経験でもOKという求人もあるため、介護業界に転職したいけど自分に合っているか不安という場合、いきなり正社員として働くのではなく、まず派遣で一定期間働いてみてから考えるという手もあります。正社員だと数ヶ月で退職すると再就職の際に悪いイメージを持たれる可能性もありますが、派遣で契約期間満了まで働いたのであればそのようなイメージを持たれることもありません。

このように、介護業界に限ったことではありませんが、派遣社員として働く上でデメリットもありますがメリットもあります。自分自身にとってメリットの方が大きいと考えられるのであれば、派遣社員として介護業界で働くのも十分ありではないでしょうか。

人手不足の状況が続いていますから、経験が浅くても派遣として就業可能な職場は多いのが現状です。もし興味がある方は、介護派遣求人にも対応している紹介会社や、介護人材派遣会社を利用されてみてはいかがでしょうか。

おすすめ介護派遣会社