介護派遣登録

介護派遣として働くメリット

介護施設などの介護業界では、常に人が不足している状態と言われています。主に働くのは女性が多く、家庭の事情や体調を崩して辞めてしまうという正社員が多いため、今では派遣社員を採用している施設も多くなっています。

派遣として働くメリットは最初に働く条件を決めて探す事が出来る事、などがありますよね。どうしてもこの曜日は働けない事情がある、残業無しで働きたい、といった希望がある場合には派遣としての方が働きやすい場合もあるでしょう。

派遣会社では自分の要望や条件に沿った仕事を紹介してくれます。なかには職場見学しているところもあり、働く前に職場環境や雰囲気を自分の目で確認できるので安心感がありますね。

派遣社員として働く。紹介予定派遣などについて

派遣社員となり仕事をするには、派遣登録をしなくてはいけません。派遣の主な雇用形式は登録型派遣となります。

登録型派遣

派遣社員として認知されている雇用形式で、派遣会社に登録して派遣社員の契約をした後、派遣会社と派遣先の企業で派遣社員の派遣契約を行います。契約が完了したら、派遣先での勤務ができます。派遣会社では自分の要望や条件に見合った派遣先の仕事を紹介してくれます。

登録型派遣には派遣期間があり、派遣期間は登録した派遣会社により異なりますが、2~3ヶ月から半年で更新という場合が多いです。契約期間終了が近くなると、継続して同じ施設で働くか、または別の施設で働くかを自分で決めることができます。

キャリアアップをしたい、人間関係に不安など、仕事に関する悩みや不安は派遣会社のスタッフなどに相談することもできます。

この登録型派遣以外にも紹介予定派遣というのもあります。

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、将来的に正社員として働きたいという場合の雇用形式となります。

派遣先で契約期間働いた後、派遣先の施設と本人との合意があれば正社員として働くことができます。ただ登録型派遣と同じように期間満了時に別な施設への希望などもできますし、もう少し様子を見たいという場合も契約更新ができます。

また社員と同じようなシフトの職場勤務が多いのも特徴です。

登録型派遣と紹介予定派遣の違いは、契約期間終了後にどうするかという点です。一定期間ごとに区切って次々違う職場で働きたいという場合は登録型派遣、正社員雇用を目的とする場合は紹介予定派遣を選ぶといいですね。

このように、自分の条件に合った働き方ができるのも派遣社員としてのメリットです。また介護の資格を持っていなくても介護業界で働けるという事もメリットの一つですね。

介護業界での仕事を考えているという方は、まず派遣登録をしてどのような仕事をしているのか?どこの施設が自分には合うのか?というのを体験してみて、自分に合った職場を見つけることも可能です。

おすすめ介護派遣会社