介護施設の種類(入所介護型老人施設)

介護施設の分類

これから介護業界で働こう、という方向けに介護施設の種類について簡単にまとめてみました。

介護求人を探される場合、施設によって働き方もまた変わってきますから、事前にできる限り情報収集はされた方が良いかなと思います。介護人材紹介会社を活用すれば、具体的に興味を持った求人の職場でどういった仕事内容になるのか、給与など待遇に関して詳細を教えて貰う事が出来ますから、情報収集に活用したいですね。

介護施設には大きく分けて

があります。

入所型の場合、老人ホームなどのサービス付の高齢者向け住宅や、医療法人や社会福祉法人などが運営している介護保険施設などに分かれています。在宅介護型はデイサービスやデイケアセンターなど、自宅で生活しながらサービスを受けられる施設になります。

介護の仕事に興味をお持ちの方は、それぞれ介護施設ごとにどんな特徴があるのか、そこでどのような仕事をしているのか気になるかと思います。ここでは、入所介護型老人施設の種類や業務内容についてご説明していきます。

入所介護型老人施設の種類と仕事内容

特別養護老人ホーム(特養)

介護保険によるサービスを行うために都道府県知事の指定を受けた施設で、社旗福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設となります。介護度1~5の要介護者で在宅での介護が困難な65歳以上の人が利用できます。

施設数は全国で約6,000あり、介護施設でも最も多いとされています。しかし特養は入居希望者も多く、3年以上の待機など長期入所待ちという状況でもあります。

4人部屋や個室タイプなどがあり、最近では全個室タイプで10人ほどの人数で生活するユニット型が増えてきています。常に介護が必要なため、食事、入浴、排泄、日常生活の支援や健康管理などもを行われます。

介護老人保健施設

医療法人などが運営している事が多く、老健とも言われている施設です。入居者は65歳以上で要介護1~5の認定を受けていることが条件となり、リハビリが中心となっています。

老健では食事、入浴、排泄、レクリエーションなどの支援や介助を行います。看護師、介護士、作業療法士、リハビリ、理学療法士、作業療法、看護師など様々な職種の人達が働いています。

医学的な管理のもとでリハビリを受けられますが、入所期間中在宅復帰が困難な場合などは有料法人ホームなどに移転するケースもあります。

軽費老人ホーム

日常生活に必要なサービスを行います。この軽費老人ホームは3タイプに分かれているのが特徴とされています。

【A型】
所得制限があり、入浴、排せつ、食事などの介護や機能訓練、生活相談、緊急時の対応などのサービスがあります。

【B型】
所得により費用は異なり、食事のサービスは無く自炊となり、生活相談や緊急時の対応などがあります。

【ケアハウス】
身体的な障害があり自立し生活に不安を持っている方が対象となり、有料老人ホームとの実質的な差はありません。全室個室の高齢者居住タイプが多く、食事や入浴、排せつ、介護、生活相談、緊急時の対応などのサービスがあります。

養護老人ホーム

65歳以上で生活保護を受けているなどの経済的な理由や心身機能が低下し、日常生活が困難な方また在宅で介護が受けられない方が対象となります。医療面や福祉の面、食事や入浴などの日常生活の介助やレクリエーションなどのサービスを受けることができます。

各市町村の認可が必要であり、寝たきり、所得が多いなどの場合には入居が出来ない場合があります。

介護付き有料老人ホーム

民間企業が運営をしている施設が多く、入居費用やサービスや費用は施設により異なります。全て個室となっており、食事や清掃また介護サービスまで受けられ、施設にスタッフが常駐しています。

このように入所介護型老人施設でもいろいろな種類や仕事がありますので、介護施設などで働く場合はどのような仕事をするのかというのを確認してみることも大切です。

在宅介護型老人施設についてはこちら

おすすめ介護派遣会社