介護施設の種類(在宅介護型老人施設)

在宅介護型老人施設の種類について

介護施設の種類、今回は在宅介護型老人施設についてまとめてみたいと思います。

近年高齢化と共に、特別養護老人ホームなどの公的な介護施設は入居待ちが続いています。そのため希望の施設に入れず、家族が協力しあって在宅介護をしているという家庭も多くなっています。

在宅介護施設は、日帰り利用を前提としたサービスを提供して在宅介護をサポートしてくれます。介護する側の負担の軽減に、在宅介護型老人施設の需要が高まってきていると言えます。

在宅介護型老人施設には、いくつかの種類があります。

在宅介護型老人施設の種類と仕事内容

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期間施設に宿泊して介護を受けられるのがショートステイです。介護者の家族の病気や冠婚葬祭、また介護疲れなどの際に負担軽減を目的として利用されます。食事や入浴、看護師による健康チェック、レクリエーションなど24時間スタッフが常駐して行います。

この仕事につきたいと思う方は、夜勤勤務ができる方や送迎がある場合は運転免許が必要となります。

通所介護(デイサービス)

日帰りで利用できるデイサービスは、施設に通所して入浴や食事、リハビリテーションなどを受けることができます。家族の介護の負担を減らすことを目的としています。痴呆や寝たきりの方など、要支援・要介護と認定された方が対象となります。

この仕事につきたいと思う方は、送迎があるので運転免許を持っている方がいいかもしれません。また施設の利用者人数により雰囲気が違うので、事前に見学をした方がいいでしょう。夜勤が出来ないという方にはオススメです。

通所リハビリテーション(デイケア)

老人保健施設や病院などと併設しており、理学療法士や作業療法士などリハビリ専門職によるリハビリテーションの補助や食事、入浴など機能訓練を中心とし、体の健康維持や改善を目的としたサービスです。

この仕事につきたいと思う方は、送迎があるので運転免許はある方がよく、夜勤が出来ないという方にオススメです。

訪問介護

利用者の自宅で食事や入浴、排せつなど身体介助や買物や掃除、洗濯などの生活援助を行います。

常勤の場合は朝事業所に出社してから利用者宅に訪問し、夕方事業所に帰社して報告書などを作成します。また登録ヘルパーの場合は自分が働ける時間帯に自宅から直接利用者宅を訪問し、時間になればそのまま直帰できる勤務形態となります。

日中の限られた時間帯しか働けないという方には、勤務しやすいとされています。

訪問入浴

自宅の浴槽や通所介護などでの入浴が困難な利用者に対して、介護職員2名と看護師1名の3名により、入浴車で訪問し自宅で湯船を運び入浴介助を行います。看護師は、入浴前後血圧、脈拍、体温などのチェックを行います。

この仕事につきたいと思う方は、看護師の場合は就業経験がある方、介護職員の場合は運転免許のある方がよいとされます。

訪問看護ステーション

医師と提携し自宅で療養する人に訪問看護を行います。主に、看護師や保健師などが所属しており、利用者の自宅へ訪問し家族への指導や病状の観察、脈拍、血圧測定、食事や排せつの介助、医療処置としては注射や点滴、服薬の管理が行われます。かかりつけの医師が、訪問看護の必要を認めた方だけが受け得ることができます。

このように、在宅介護型老人施設では介護者の自宅に出向いて働くことが多くなるため、介護者やその家族との信頼関係が大切になります。

入所介護型老人施設についてはこちら

おすすめ介護派遣会社