夜勤専従 介護派遣求人

夜勤専従介護派遣の給料について

夜勤専従の介護派遣求人に関する情報です。

夜勤は日勤よりも高収入を得られますね。業種・業界によっては、夜勤に入れるのは正社員や契約社員のみ。パート、アルバイト、派遣は日勤メインのケースもありますが、介護業界は派遣スタッフも夜勤に入りやすいです。

実際に【夜勤専従 介護派遣求人】と検索しても、全国多数の有料老人ホームや高齢者住宅の募集が見られますし、収入面も恵まれているでしょう。

法律的に深夜手当が定められているので高時給を得やすいですし、日給15,000円~20,000円も現実的ではないでしょうか。

中には日給25,000円の派遣求人も見られましたし、まずは介護派遣会社への無料登録から始めて下さいね。

たとえば日給20,000円で月10日働けば、それだけで20万円の収入になります。15日勤務なら30万円ですね。

平均時給・平均日給は地域によって異なりますが、東京や大阪なら月給30万円以上も現実的ですし、高収入が夜勤専従の最大のメリットと言えるでしょう。

地方の市町村の場合も、日勤シフトに入るより収入を得やすいのは間違いありません。

夜型タイプの方におすすめの働き方

介護職員の中には、「日勤は良いけれど夜勤は避けたい」という方も多いと言われていますし、その分、夜勤専従派遣で働けるチャンスが多いですね。

特に1日のバイオリズムが夜型の方にとっては、日勤より夜勤で働く方が自然だと思います。私も夜型タイプですが、太陽が出ている時間帯よりも、月が昇っている方が行動力がアップするんですよね。

日勤で働いていた頃も、連休が続けば自然に夜型になりましたし、そのようなタイプにとって夜勤専従は最も心地よい働き方と言えるでしょう。

「夜勤が続くと身体に悪い」という意見もありますが、体調を崩しやすいのは夜勤オンリーではなく、日勤と夜勤を交互に繰り返すシフトではないでしょうか。

早番と遅番を繰り返したり、日番と夜勤を繰り返せば、どうしても体調を崩してしまいます。精神的にもバランスを保てないかもしれません。しかし夜勤1本なら、比較的安定しているんですよね。

有料老人ホームや特別養護老人ホーム、高齢者向け住宅、グループホームのような介護施設は24時間体制ですから、夜勤に入れる介護スタッフを確保する必要があります。

しかし先ほどお話ししたように、介護職員の中には「夜勤はちょっと…」と思っている方も多いので、夜勤専従の派遣でシフトに入り、効率よく収入を得ることが可能ですね。

もちろん夜勤には夜勤の辛さもあります。老人ホームの中には、夜間に徘徊する入居者がいたり、昼間より介護が大変かもしれません。人数的にも、日勤より少ないでしょうから、仮眠や休憩時間が短い可能性もありますね。

しかしそのようなデメリットを踏まえても、夜勤専従派遣には魅力がありますし、まずは介護派遣会社で相談してみて下さい。

おすすめ介護派遣会社