介護派遣の求人ニーズ・需要

介護派遣の需要は高い!

介護派遣の求人ニーズ・需要って高いのでしょうか?ニーズが高ければ「介護派遣で働きやすい」と言えますし、低ければ紹介を受けるまで時間が掛かるかもしれません。

結論から先にお伝えすると、介護派遣の需要は高いですね。

もともと介護業界は人材不足ですし、日本は超高齢化社会です。最近、街中を歩いて、「高齢者が増えたな…」という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?(私もそう感じます)

2025年には4人に1人が後期高齢者という極端な少子高齢化が訪れますし、2016年現在、すでに高齢者の割合が多いんですよね。

そのくらい高齢化社会が進行していることにプラスして、介護業界の人手不足が顕著なので、「足りない人数を派遣で補いたい」と考える介護施設も多いですよ。

正社員や契約社員に限らず、アルバイトやパートも直接雇用ですから、採用活動には時間とお金が掛かります。派遣のような間接雇用に関しても、介護施設は派遣会社に費用を支払っていますが、それでも圧倒的に時間が掛からないんですよね。

介護パートならハローワークで募集したり、求人雑誌に掲載したり、その後も書類審査や面接に時間が掛かります(あくまでも介護施設側の話です)

しかし介護派遣なら、そのような時間をショートカットできますし、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、デイサービスや介護老人保健施設としても、派遣スタッフを利用しやすいと言えますね。

その分、スムーズに働ける方を希望する傾向にありますので、経験豊富な方は介護派遣で働きやすいと思います。

経験が浅い場合は、介護パートや契約社員などでスキルを磨くと良いですが、未経験可の派遣求人が全く無いとは言えませんので、まずは介護派遣会社へ登録すると良いでしょう。

紹介予定派遣のニーズはどう?

介護派遣は短期派遣(単発派遣)や3ヶ月単位の派遣だけでなく、紹介予定派遣という正社員前提の働き方もあります。

派遣期間が終了した後、介護施設とあなたの双方が合意すれば、正社員として働けるシステムですね。介護施設としても派遣期間に判断できますし、派遣で働く私たちとしても、その施設をじっくり見極められるでしょう。

そのような紹介予定派遣のニーズも高いので、気軽に介護派遣会社を利用してみて下さい。

少子高齢化の問題は深刻ですが、介護派遣を希望するあなたにとっては、「需要アップ=働けるチャンスが増える」と言えますね。

おすすめ介護派遣会社