介護職の給料が安い理由

給料と介護報酬の関係

介護職は給料が安いと言われます。平均年収は20代で270万、30代で340万、40代で360万、50代で400万前後なので、他業種よりも明らかに低い年収ですね。

あくまでも平均年収ですから、実際は上記より高い年収を稼ぐ方もいれば、低い年収の方もいますが、業界全体の平均年収が低いことは事実でしょう。

年収が低くても仕事内容が楽だったり、責任が軽ければ納得できるかもしれませんが、介護の仕事は体力的にも精神的にもハードですよね。

私も祖父母の介護をしていましたが、入浴介助だけでも非常に疲れます。人間の身体は予想以上に重いですし、さらに食事介助や排泄介助が加われば大きなストレスになりますね。

「身内や家族だから介護が辛い、他人なら介護しやすい」とも言われますが、介護業務の過酷さは変わらないでしょう。それなのに給料が安い…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし介護職の給料の低さには理由があります。介護報酬が決まっている(介護保険から給料出ている)んですよね。

介護報酬が引き下げられれば、その分人件費にも影響が出ますので、「給与を上げたくても上げられない」と悩んでいる介護施設が多いそうです。もちろん意図的に給料を抑えている介護施設もあるでしょう。

月給の内訳として基本給を抑え、各種手当を多く付けている介護施設もありますが、住宅手当に該当しなかったり、資格手当が低かったりと、なかなか給料が上がらないケースもあります。

他にも、有料老人ホームや特別養護老人ホームは備品にお金が掛かるため、人件費に回せるお金に限界がある、とも言われていますね。

逆に訪問介護に関しては、介護施設のように福祉用品にそこまでお金がかからないため、比較的高給与で働けるようです。

給料、年収を優先的に求人を探すなら、訪問介護も選択肢に入れると良いでしょう。

介護業界の給与は改善されている?

近年、国から処遇改善交付金が支給されていますので、少しずつ介護職員の給料は改善されていますが、肌感覚として大幅に給与が上がった…と感じている介護スタッフは少ないのではないでしょうか。

しかし介護福祉士やケアマネージャーのような資格を取得したり、介護施設でしっかりとスキルを磨き、経験を重ねることで、あなた自身の価値は上がっていきますよ。

価値が上がれば、今までよりも高給与で転職しやすくなりますし、日本は超高齢化社会ですから、介護業界のニーズが下がることは無いでしょう。

高齢化に加えて少子化も進んでいますからね…。自宅で介護できる家族が減れば、ますます介護職員の必要性が高くなるはずです。

政府としても、介護業界の収入の低さを問題にしていますし、今後さらなる改善が行われる可能性がありますよ。

おすすめ介護派遣会社