介護業界に多い転職理由

介護職で働く人が転職する主な理由

介護業界に多い転職理由は以下です。

  • 結婚、出産、育児
  • 事業所の理念・運営の在り方に不満
  • 労働時間、勤務体系が合わなかった
  • 希望の収入が得られない
  • 心身の不調を感じて退職
  • 高齢により退職
  • 職場の人間関係の悩み

特に多い転職理由が出産や結婚など、ライフスタイルの変化です。介護士の約75%が女性なので、「独身時代は正社員でも結婚後は難しい…」と感じている女性が多いですね。

出産や育児に伴って退職する方も多い状況ですが、今までのスキルを活かしてパートや派遣に切り替える、という選択肢もあります。

実際、正社員を退職して介護派遣に登録。午前中のみ、午後のみなど、派遣社員として働いている方もいますよ。やはり派遣スタッフは時間の都合を付けやすいですし、期間限定の短期派遣という選択肢もありますしね。

他にも、事業所の理念に不満があったり、労働時間や勤務体系が合わず転職するパターンもありますね。その介護施設で働く期間が長くなれば、必然的に不満が生じるでしょうし、運営の在り方に疑問を感じやすいと思います。

雇用主からすれば「新人の頃は謙虚だったのに…」と思うものですが、雇われている我々からすれば、いつまでも新人ではありませんよね。

介護職員としてスキルを身に付け、経験を重ねれば、仕事へのプライドが高くなりますし、その介護施設・訪問介護事業所を利用する高齢者の要望を聞く立場にもありますから、どうしても納得できない部分が出てくるのです。

そのような不満が蓄積して転職する場合は、後ろ向きではなく、前向きな転職理由と言えるのではないでしょうか。「理想の介護施設で働きたい」という気持ちが根底にあるわけですからね。

もちろん完璧な職場はありませんが、前の職場で最善の努力を尽くした結果の転職なら、きっと次の職場でも全力で働けると思います。

年収・給与の低さを理由とした転職

他にも「希望の収入が得られずに転職する例」がありますね。介護業界は低賃金と言われていますが、中には高給与の職場もありますので、介護求人サイトを利用して探してみて下さい。

現代の転職は情報戦と言われますが、好条件の介護求人が多い媒体を知っているかどうか? がポイントなんですよね。当サイトでも人気の介護派遣会社・転職求人サイトを紹介予定なので、ぜひ利用して頂ければと思います。

次に「心身の不調」や「高齢化」に伴う転職があります。心身の不調で辞める場合はまずゆっくり休み、体調が回復次第、転職を考えるのがベストでしょうか。

その場合は「なぜ心身の不調を感じたのか?」を分析すると良いですね。忙しすぎるのが原因だったり、後述するような人間関係の悩みが原因だったりするでしょう。

どのような職場にも辛い部分はありますが、あなたにとって苦しい職場、どうしても避けたい職場が分かっていれば、仕事探しの条件から排除できると思うので、人材紹介会社に伝えて下さいね。

人間関係が理由の転職

最後に人間関係の悩みがあります。

同じ立場の介護職員との関係もあれば、有料老人ホームの入居者との関係、デイサービスの利用者との関係もあるでしょう。介護業界に限らず、人間関係で悩んで転職する方は多いですよ。

しかしどの職場でも自分と性格が合わない職員はいますし、接するのが辛い高齢者もいると思います。介護職は人と接する仕事ですから、ある程度の妥協は必要ではないでしょうか。

もちろん、職場で辛辣ないじめを受けていたり、自殺を考えるほど追い込まれていれば、すぐに退職(転職)して下さいね。

以上、介護業界に多い転職理由をお伝えしました。

おすすめ介護派遣会社