介護施設・サービス

介護サービスの分類

介護の仕事は、在宅サービス施設サービスとに分けられます。それぞれに仕事も異なっており、看護師や保健師また資格のないという未経験の方でも働ける仕事となっています。

利用者は在宅サービスを使っているという方も多く、それに伴い在宅サービスも充実してきており、介護職で働く場所としても在宅サービスが主流になっている状態です。その数は施設などで働く方よりも、職員の数は倍以上とも言われています。

介護の仕事に興味はあるけど、仕事内容はどんな感じなんだろう?とお考えの方の参考になれるように、介護サービスの仕事内容を説明していきたいと思います。

在宅サービスの仕事内容

訪問介護
ホームヘルパーとも呼ばれており、一番主流となっている介護サービスです。介護職員などが利用者の自宅に訪問します。訪問介護で働けるのは、ヘルパー2級以上の方や介護福祉士の資格を持っている方となります。仕事の内容は食事、衣類の着替え、おむつ交換などの身体介助や掃除、食事、洗濯などの生活介助などがあります。
訪問入浴介護
移動式浴槽を利用者の自宅まで提供し、自宅でお風呂に入ることが出来ないという人の入浴の介助を行うサービスです。入浴前などは看護師による血圧や体温などの体調チェックもあり、場合により部分浴などになったりします。体が不自由な方、また体が大きい高齢者などもいますので、力仕事となります。
訪問看護
看護師や保健師が利用者の家を訪問し在宅医療などをサポートしますが、医師が必要と認めた要介護者だけが受けられるサービスとなります。退院直後の看護、病状観察、脈拍や血圧測定、食事や排泄の援助、また医療処置にかかる管理や援助とし、注射や点滴、服薬管理などが行います。
訪問リハビリテーション
医師の指示のもと、理学療法士や作業療法士が利用者の自宅を訪問しリハビリテーションを行い、寝たきりの人に離床を促し、歩行が困難な人には筋力増強のための訓練などを行います。
居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などが利用者の自宅を訪問し、養生の管理や指導を行います。主に脳卒中や骨折後のリハビリの人や、高血圧や糖尿病などの疾患がある人が利用しています。
デイサービス(通所介護)
自宅生活をしている利用者を施設まで車で送迎し、日帰りでお世話をする仕事です。入浴や食事、レクレーションなどを行います。デイサービスの場合はヘルパーの資格がなくても勤務可能ですが、送迎の場合は普通免許が必要です。地域によっても異なりますが、介護福祉士を持っている場合は、生活相談員にもなることができます。

施設サービスの仕事内容

特別養護老人ホーム
要介護認定をされている方を対象としており、大型の施設が多いのが特徴です。介護職員の数も多く看護職員も在中しています。地域密着型特養など小規模の介護老人施設も近年多くなりつつあります。自宅での介護が困難な方が入所するため、入浴や排泄、食事などの仕事が中心となり24時間体制で交替制の仕事となります。介護技術や介護職としてのキャリアを積みたいという方には良いかもしれません。
老人保健施設
退院後など病状が安定した高齢者がリハビリを中心とした自宅復帰を目指す施設で、病院と自宅の中間の立場となり自宅での生活復帰をさせる仕事となります。
有料老人ホーム
民間会社が行っているところが大半で、施設独自のサービスを行っています。

このように介護職は色々とありますので、自分に合う介護の仕事を見つけるようにしましょう。

おすすめ介護派遣会社