介護 仮眠が取りやすい夜勤求人

夜勤時に仮眠・休憩が取りやすい施設

介護施設の中には夜勤が必要な施設もありますね。

などは24時間体制で運営されていますので、必然的に夜勤シフトが入るでしょう。

有料老人ホームの種類に健康型、生活型、介護型がありますが、特に夜勤が必要なのは介護型ですね。

夜間も排泄介助が必要だったり、看護師と共に夜勤シフトに入ることがあります。それは特養も老健も同じででしょう。

デイサービスやデイケアは文字通りデイ(日勤)の仕事なので夜勤はありませんが、生活の場になっている介護施設には夜勤がありますね。

特に正社員として勤務すれば、2交代制で夜勤に入ったり、日勤と夜勤を繰り返すシフトもあると思います。

私も早番、中番、遅番のシフトを繰り返す仕事をしていましたが、不規則な生活のため、疲労度は高かったですね。ただし休憩がしっかり取れた日は体調が良かったです。

夜勤が入る日は特に「休憩・仮眠を取りやすいかどうか?」がポイントではないでしょうか。夜勤専従の介護職員は少ないと思いますので、基本的に日勤と夜勤の双方に備える、月のシフトによって夜勤日が変わるシステムが大半だと思います。

その際に大切なのは、短時間でも仮眠が取れること、労働基準法の通りに休憩を取れることですね。忙しい介護施設の場合、なかなか休憩が取れない、仮眠時間が取れないケースもあると思います。

実際の職場の労働環境に関して情報収集をするには

特に夜勤の人数が少ない介護施設に多いのですが、仮眠していても途中で仕事で起こされる、どうしてもヘルプで働いてほしいとお願いされた際に…

「今は仮眠時間なので寝させて下さい」

とは言いづらい現実があります。

特に仮眠規定が曖昧な老人ホームで働けば、なかなか時間通りに仮眠が取れないこともあるでしょう。逆に求人探しの段階で【仮眠あり】と明記されていれば、その介護施設は仮眠を取りやすい可能性が高いですね。

しかしハローワークや転職求人誌で探しても、本当に「仮眠を取りやすいかどうか?」は分かりません。面接の限られた時間に仮眠や休憩について聞くのは難しいですし、入職前と入職後のミスマッチが起こることもあります。

そのため、まずはサポートを受けられる介護求人サイトへ登録して、仮眠を取りやすい介護施設の求人を探してみて下さい。その方がリスクが少ないですし、効率的に仕事を探せますので。

中には仮眠が必要ない方もいますが、身体を横にするだけで疲労回復の効果が見込めますし、気持ちをリセットしやすいのではないでしょうか。

ぜひ介護専門の求人サイト・人材紹介サービスを活用して、仮眠ありの介護施設を探して下さいね。

おすすめ介護派遣会社