介護 夜勤専従求人

夜勤専従は日勤より稼げる?

夜勤専従の介護求人をお探しでしょうか?有料老人ホームや特別養護老人ホームなど24時間体制の介護施設も多いので、夜勤で働ける可能性は高いですね。

ただし正社員求人は少ないようです。アルバイトやパートのような非正規雇用が多い印象を受けますが、必ずしも短期バイト、短期派遣のみとは限りません。長期的な夜勤専従もありますし、日勤限定より高収入を得やすいですね。

1回の夜勤で15,000円~20,000円稼げることもありますので、月7回~10回の出勤で日勤を超えるかもしれません。

介護職の給料は地域によっても変わりますが、東京のような都市圏で15万~20万、地方で10万~15万が平均相場ではないでしょうか。

もちろん高賃金を支給している介護施設、夏と冬にボーナスを支給している施設もあるので一概には言えませんが、決して高い基準ではないでしょう。

しかし夜勤専従なら…少ない出勤日数で同じ額、もしくはそれ以上の収入を稼ぎやすいですよ。

出勤日数を増やせるなら、日勤の1.5倍~2倍近い収入も現実的ではないでしょうか。夜勤出勤の回数制限を考慮しても、高収入を得やすいのが夜勤専従の働き方と言えますね。

夜勤専従は体調を崩しやすい?

夜勤専従は体調を崩しやすいと言われています。太陽が沈み、月が昇っている時間に働くわけですから、生活リズムが昼夜逆転になりやすいですね。

しかし夜勤と日勤を繰り返すよりも一定のペースを保ちやすいため、体調が安定する可能性が高いですよ。早番、日番、遅番、夜勤とバラバラなシフトよりも、夜勤なら夜勤で固定されている方が規則正しく働けます。

特に独身の方、育児や家事の負担が少ない方は、夜勤専従のメリットは大きいのではないでしょうか。

元々が夜型体質の方にとっては、日勤よりも夜勤の方が自然ですし、日が落ちてからの方が仕事しやすいんですよね。

私も完全に夜型タイプで、この文章も深夜に書いていますが、明るい時間よりも集中できます。そのような方は夜勤専従で働く方が自然ですし、疲れにくいはずです。

介護施設の忙しさで比較しても、日勤より夜勤の方が落ち着いているのではないでしょうか。その辺りは勤務する老人ホームの形態、入居者の状況にもよりますが、まずは夜勤専従の介護求人を積極的に探して下さい。

介護求人が豊富な転職サービスを利用すれば、早期に夜勤専従求人が見つかることもありますので。

介護求人サイトは無料で利用できますので、気軽に会員登録を行って下さいね。仕事探しがグッと楽になるでしょう。

おすすめ介護派遣会社